Loading

根拠のある予想損益計算書とは

事業を起ち上げ、銀行から融資を受けたいと考えた時に、用意しなければならない書類はたくさんあります。今回は、そうした書類の中から「予想損益計算書」についてピックアップしてご説明していこうと思います。

 

予想損益計算書とは

まず、予想損益計算書というのは、「予想」とあるように、事業の収入と支出に関する数値を予測して作成する書類です。これは、ただ適当に数値を当てはめるものではなく、その事業の特性や計画を鑑みて、実際にどれだけの売上や利益を上げられるのかということを見積もり、事業の指針となる「計画書」のような役割を果たします。予想損益計算書に対して、通常の決算書などで作られる損益計算書というものがあります。これは、予測した数値ではなく、過去の数値に基づいた記録だと考えてください。両者には、過去と未来という性質の違いがあります。

 

融資を受けるためには作成が必要

融資を受けたい時には、銀行から予想損益計算書(収支計画書)の提出が求められることになります。銀行は、この書類を見て、その事業の可能性と経営者の手腕を量るのです。数値があまりにも具体的、現実でない時は、その計算書によって融資が受けられないという可能性もあります。ですから、しっかりとビジョンを持って事業を起ち上げることが重要になってきます。そして、具体的かつ現実的な数値によって、新規事業の可能性を銀行に理解してもらう必要があります。

 

予想損益計算書作成のポイント

予想損益計算書については、無料のテンプレートなどがWEB上にありますので、そういったものを利用してもいいですし、ご自分でエクセルを使って一から作成しても大丈夫です。ただし、大事なポイントがいくつかありますので、それをご紹介していきます。

 

<損益計算書を作る際は、月単位と年単位のものを作る>

融資を受ける際、銀行に提出する損益計算書は基本的に「1か月単位のものを3年分」です。このため、最初から1か月単位でも1年単位でもご自身がイメージしやすい単位の損益計算書を作るのがいいでしょう。数値入力のポイントは以下参考になさったください。

 

<固定費は予想される経費より少し多めに考える>

年単位の損益計算書を作るのであれば、固定費(経費)を12等分していくだけですが、この場合12等分するのは「固定費(経費)」です。変動費や税金などの、毎月ではないが生じる出費については、予想される月に反映する必要があります。この部分は注意しましょう。また、予想より支出が多くなることが通常ですので、予想より多めの経費を検討したほうがいいでしょう。

 

この2点を押さえて、次に予想損益計算書の作成手順についてご紹介していきます。

 

予想収益計算書の作成手順

予想収益計算書の基本的な項目は下記のようになります。

 

・売上高

・売上原価

・経費

・利益

・借入金返済額

・売上高、売上原価、経費などの算出根拠

・売上高達成のための具体的な取り組み

・予測した売上高を下回った時の資金繰りや資金調達方法

 

こうした項目を埋めていくためには、下記のような手順で数値を算出する必要があります。

 

①経常利益を算出する

経常利益は、毎年どれくらい収益を上げることができるのかを示す一つの指標となります。この利益には、一時的な損益は含まれていません。例えば、今年のようなコロナ禍での損失や、会社の所有する不動産を売却して得た収益など、こうしたものは経常利益には含まれないのです。一方で、営業利益と営業外収益を含む、会社全体の利益を示します。

経常利益がなぜ重要かと言うと、これには資産運用益や借金利息などが含まれているので、事業全体に関わる数字を一目で見ることができるのです。このため経常利益を見ることで、会社そのものの収益力について判断することができます。

 

②売上を予測する

行う事業の種別によって、売上の算出方法は異なりますが、基本的には「売上=客単価×客数」「商品単価×販売個数」となります。売上予測を立てる場合は、利益が0になる地点である「損益分岐点売上高」を把握する必要があります。これはいわゆる売上の最低値で、この売上を上回らなければ収益を出すことができません。このため、損益分岐点売上高を上回る売上を立てるために、どのように客単価を設定し客数を獲得するのか、という点で検討が必要となります。

 

③経費を算出する

経費は洗いざらい、細かい部分も出していくのがベストです。固定費や変動費の他に、人件費や役員報酬なども経費に含めて算出していきます。この部分をある程度正確に算出することができれば、事業の収益予測がある程度正確に出すことができるというわけです。

 

細かい部分は省略していますが、この3つの項目に関して数値をしっかりと出すことで、根拠のある予想収益計算書を作成することができます。

 

まとめ

今回は、予想収益計算書のポイントと作成手順について、簡単にご説明しました。今年に入って、コロナ禍の打撃を受けた会社や企業はたくさんあると思いますが、こうした予測できない事態によって、計画していた事業がうまくいかなかったという経営者も少なくないはずです。今年に関しては誰もがそのような状態ですが、こうした感染症や災害による不測の事態は唐突に起こり得るということを今年痛感したのではないでしょうか。ですから、事業計画を立てる際には5~10年という長いスパンではなく、3年程度の中期的なスパンで見通しを持つことで、こうした不測の事態に対応しやすくなります。特にこれから新規事業を始めようと考えている場合は、3か年計画で予想収益計算書を作成してみてください。

関連記事

  1. 事業再生 企業を立て直す、「事業再生」の基本
  2. 経営改善計画書 経営改善計画書はどうやって書く?経営改善計画書の書き方のポイント…
PAGE TOP